メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上映会に150人

映写機で映し出される「マナスルに立つ」の16ミリオリジナル完全版=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2016年2月3日午後7時28分、丸山博撮影

 毎日新聞社と日本山岳会によるヒマラヤのマナスル(標高8163メートル・世界第8位)初登頂から今年で60年になるのを記念し、記録映画「マナスルに立つ」(山本嘉次郎監督)の上映会が3日、東京都千代田区の毎日ホールで開かれた。当時の実写フィルムと映写機で上映され、愛好家ら約150人が熱心に見入った。

     マナスル初登頂は1956年5月9日に達成された。映画は、登山隊に参加した元毎日新聞の依田孝喜(たかよし)カメラマン(故人)らが撮影した映像をもとに製作され、準備段階から登頂の瞬間までを克明に記録している。

     上映会後、8000メートル峰全14座登頂に日本人で初めて成功した竹内洋岳さんと作家の塩野米松さんによるトークショーが行われた。竹内さんは、当時マナスルという名前が富士山とおなじぐらい国民から認知され、記念切手などさまざまな関連商品が生まれたことなどを紹介。「マナスル初登頂はまさに一大事業で、これを機に登山ブームが起きた」と話した。

     このほか、依田カメラマンが撮影した写真などを展示した「マナスル60年写真展」を毎日ホールがあるパレスサイドビル1階で開催中。5日まで。【長田舞子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 発砲 4人撃たれ1人死亡、男は逃走 和歌山の建設会社
    2. 和歌山射殺 殺人容疑 建設会社社長の次男に逮捕状
    3. 和歌山射殺 逮捕状の容疑者 収監の日に強硬手段
    4. 関西空港 従業員2人はしか 他の37人にも症状
    5. 受動喫煙 リスク「確実」 肺がん発症1.3倍

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]