メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バス運転手に実技訓練…事故受け緊急対策

 国土交通省は3日、長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故を受けた緊急対策として、全国約4500の貸し切りバス会社に対し、経験不足の運転手には実技訓練をするよう要請した。3月まで実施する街頭監査で違反が発覚した会社を呼び出し、改善を確認することも決めた。

     事故を起こした「イーエスピー」(東京都羽村市)の運転手は、昨年12月の採用時に「大型バスは不慣れだ」と話していたにもかかわらず、実技研修1回で大型バスの営業運転に乗務していたことが分かっている。

     バス運転手の実技訓練について、国交省の指針は、新たに採用した運転手に対して実施するよう努力義務として規定しているだけだ。しかし、長さ12メートルの大型バスと7メートルの小型バスでは、ブレーキやギア変速の仕組みが異なるうえ、運転時の車両感覚も違う。

     このため国交省は今後の有識者委員会の議論を踏まえ、実技運転の義務づけや必要な研修時間を検討する。

     また国交省は、乗客のシートベルト着用の徹底を図るよう、バス会社に求めた。

     国交省が実施中の街頭監査では、1月29日までに96台中45台で運行指示書の不備など計58の違反が見つかっている。【内橋寿明】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    2. 相模原の障害者施設殺傷 尊厳否定「二重の殺人」 全盲・全ろうの東大教授、福島智氏
    3. ポケモンGO 西本願寺が一転、プレーヤー歓迎の看板
    4. 豊洲市場 残り100日 新市場、着々と 報道陣に初公開
    5. 相模原殺傷 当直職員、集音マイクで異変察知 居室で物音

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]