メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人派遣会社

遠藤五輪相に予算化要請 創業者が献金

遠藤氏と創業者、派遣会社を巡る構図

2010〜14年に計955万円

 英語の授業で日本人教師を補佐する外国語指導助手(ALT)を派遣する東京都内の民間会社の創業者(71)から、遠藤利明五輪担当相(66)=山形1区、当選7回=側が2010〜14年の5年間で計955万円の個人献金を受けていることが分かった。この間、遠藤氏は自民党教育再生実行本部長などとしてALT利用拡大の旗振り役を務め、文部科学省は民間のALT派遣事業に絡み国の予算を付ける方針を初めて決定。派遣会社は高値で転売され、創業者は多額の対価を得ていた。

 遠藤氏は創業者や派遣会社からの依頼や文科省への口利きを否定するが、同社の複数の役員らは予算化に向け…

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1579文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  3. 滋賀湖東事件の再審開始が確定 最高裁 元看護助手の全面無罪の公算大
  4. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  5. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです