メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「だいせつ」半年ぶり運航再開

約半年ぶりに運航再開したカーフェリー「さんふらわあ だいせつ」=北海道苫小牧市の苫小牧西港フェリーターミナルで2016年2月3日午後4時ごろ、福島英博撮影

 北海道苫小牧市沖で昨年7月31日に火災を起こしたカーフェリー「さんふらわあ だいせつ」が3日、約半年ぶりに運航を再開し、午後6時40分すぎに苫小牧から出港した。運航会社の商船三井フェリー経営企画部(東京都港区)は「安全第一で運航したい」と話した。

     3日の苫小牧発の便には、貨物車の荷台約100台分を積んだ。茨城からの折り返し便には旅客も乗船できる。

     フェリーは火災後、造船会社「函館どつく」(函館市)で修復。スプリンクラーや消火栓を増設し、冷凍機付きトラックに給電する「電源ボックス」を取り換えるなどした。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市川由衣 第1子男児を出産 「感動で涙が止まりませんでした」
    2. 東京五輪組織委 賃借料4.7億円 16年度は7億円超に
    3. うどん・そば自販機 秋田港名物 40年余で初の値上げ 来月から200円→250円 老朽化で“治療費”かさみ /秋田
    4. 東京都 リオPR施設運営費、4分の3を負担か
    5. 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]