メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

覚せい剤うたずにホームラン打とう 警察ポスター起用も

清原和博容疑者 覚せい剤所持容疑で逮捕

 清原容疑者は87年、警察庁の覚せい剤撲滅啓発ポスターに起用されていた。当時所属の西武のユニホーム姿でフルスイングする写真とともに「覚せい剤うたずにホームラン打とう」とのキャッチコピーが書かれていた。

 同年7月の「覚せい剤等薬物乱用防止広報強化月間」に7万5000枚を作製。学校や警察など公共施設に数多く貼られた。当時の報道によると、ファンから「清原が覚せい剤をうってホームランを打っているように見える」と苦情があった。警察庁は「清原選手のように、明るく汗を流そうと呼び掛けた」と意図を説明していた。(スポニチ)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 傷害 ラジオ番組中に共演女性暴行 パーソナリティー逮捕
  2. 参院選 比例代表「民主」問題浮上 無効票か案分か
  3. ドームハウス 地震に強い…被害わずか、600人避難
  4. 毎日フォーラム・牧太郎の信じよう!復活ニッポン 「ヤクザ冬の時代」の山口組分裂
  5. 傷害容疑 元青学大駅伝メンバーから暴行受け、女性被害届

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]