メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

量刑は…懲役1年6月〜2年、執行猶予は3年程度か

清原和博容疑者 覚せい剤取締法違反で逮捕

 清原容疑者の量刑について元東京地検検事の大沢孝征弁護士は「ここまで出ている情報では、懲役1年6月以上。2年はいかないのではないか」と予測した。今後の捜査で使用期間などが調べられ、「それによって懲役の期間が変わってくる」とした。

     執行猶予がつくとし、その期間は「歌手のASKAは常習性がひどくて4年だったが、清原容疑者はそこまでではなく、3年程度になるのでは」と予測。なお、所轄署でなく警視庁に連行されたことについて「有名人で影響が大きいとみたのでしょう」と話した。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. けんか 重体の小4男児死亡 東京・足立
    2. 都市対抗野球予選 JR東、明治安田生命に逆転サヨナラ
    3. いまさら聞けないデジタルの話 どう進化?ウィンドウズ10
    4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆を」いじめか 第三者委
    5. 気象庁 6〜8月、高温の予報 ラニーニャ影響

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]