メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上翔太

 第65回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催、日本陸上競技連盟など後援)が7日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタート、別府市を経由し大分市営陸上競技場にフィニッシュする日本陸連公認コースで開かれる。マラソンで世界への飛躍を目指す選手にとっては、4年後に迫った2020年東京五輪に向け重要な一歩となる。今回のレースは今夏のリオデジャネイロ・パラリンピック視覚障害者マラソンの国内代表選手の最終選考レースでもある。それぞれの立場で、この大会をきっかけにステップアップを目指す2人のランナーを紹介する。

この記事は有料記事です。

残り3710文字(全文3966文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです