メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上翔太

 第65回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催、日本陸上競技連盟など後援)が7日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタート、別府市を経由し大分市営陸上競技場にフィニッシュする日本陸連公認コースで開かれる。マラソンで世界への飛躍を目指す選手にとっては、4年後に迫った2020年東京五輪に向け重要な一歩となる。今回のレースは今夏のリオデジャネイロ・パラリンピック視覚障害者マラソンの国内代表選手の最終選考レースでもある。それぞれの立場で、この大会をきっかけにステップアップを目指す2人のランナーを紹介する。

この記事は有料記事です。

残り3710文字(全文3966文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  2. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺
  3. 静岡女性遺体 「怖くなって車降りた」 2容疑者が供述
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]