メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復活へ 48年ぶり煙室開いた 神奈川・山北

煙室のふたを開け、室内を点検する=神奈川県山北町山北鉄道公園で2016年2月4日午後1時38分、澤晴夫撮影

 神奈川県山北町の「山北鉄道公園」に保存されている「D52型蒸気機関車」(SL)を再び走らせようという復活事業の一環で4日、SL正面先端部にある「煙室」の扉が約48年ぶりに開けられた。

 SLは御殿場−沼津間を走り、1968年6月に引退。山北が「鉄道の町」と呼ばれた往時の面影を残す公園のシンボルとして70年に移設された。復活事業は石炭の代わりに圧縮ポンプを動力にしてSLを動かす計画で、今年10月の運転開始を目指して作業が進められている。

 鉄道文化協議会群馬支部の恒松孝仁支部長によると、煙室は石炭を燃焼させた時に出る煙をためておく場所で、現役時代は機関区ですすを取り除く時や、過熱管の点検作業時以外は開かれず、中が見られるのは珍しいという。

 煙室の中に入れないよう溶接された円形の扉(直径140センチ)が開けられると、恒松支部長は「劣化もしておらず保存状態は極上の部類」と太鼓判を押した。【澤晴夫】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 熱中症 児童20人を搬送…広島の小学校、運動会後に
  2. クリスマスケーキ Suicaのペンギンモチーフも
  3. 志布志市 PR動画で水着の少女登場 「卑わいだ」で削除
  4. 首相所信表明 起立・拍手、再発防止へ…議運理事会で確認
  5. JAF調査 横断歩道に歩行者 「止まらない」車9割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]