メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新たに61項目、計443項目に

 政府は4日、特定秘密の指定などが公正に行われているかを自らチェックするための「内閣保全監視委員会」(委員長・岩城光英法相)の第3回会合を、首相官邸で開いた。2015年1〜12月に9省庁が新たに61項目の特定秘密を指定したことなどを内閣官房から報告を受け、了承した。初運用した14年分と合わせて、特定秘密の指定は計443項目となった。同委員会は3月下旬〜4月上旬に国会への報告書案をとりまとめ、安倍晋三首相に報告する。首相は有識者の意見を聞く「情報保全諮問会議」を開催したうえで、4月中旬ごろに国会への報告を行う予定。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
    2. 稲田防衛相辞任へ 自民から厳しい声 国民の命預けられぬ
    3. 日報非公表 稲田氏、関与は否定 特別防衛監察結果を公表
    4. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
    5. 朝鮮学校 無償化は義務、国の処分取り消し 大阪地裁判決

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]