メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

当選同期議員と会食 野田聖子氏も同席

 安倍晋三首相は4日夜、東京都内のレストランで、岸田文雄外相ら1993年衆院選で初当選した自民党議員と会食した。会食には昨年の総裁選への出馬を模索した野田聖子前総務会長も同席。会食後、野田氏は記者団に対し「一致結束して自民党長期政権のために頑張ろうという会合だった。同一労働同一賃金という非常に画期的な、かつての自民党ではありえないような政策提言をしており、支えていこうと思う」と述べ、安倍政権を支える考えを強調。「誤解が解け、強固な関係になった」と和解をアピールした。野田氏は総裁選で首相の無投票再選阻止を狙ったが、断念。首相と距離を置いているとみられていた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 私立小設置認可基準を緩和 大阪府が要望受け
    2. 高知道 多重事故で死亡の女性、元サッカー選手と判明 
    3. エマルシェ 自己破産申請 「さくら野百貨店仙台店」経営
    4. 受動喫煙 バーなど「30平方メートル以下」喫煙可
    5. 西武筑波閉店 百貨店1店舗だけに…茨城県民ショック

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]