メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダイヤモンド富士

旧国立競技場取り壊しで「期間限定」

国立競技場の跡地越しに見えたダイヤモンド富士=明治神宮外苑で2016年2月4日午後4時59分、長谷川直亮撮影

 富士山の頂上付近に太陽が沈む「ダイヤモンド富士」が4日、東京都新宿区の明治神宮外苑・聖徳記念絵画館前付近で見られた。高層ビルが林立する都心の路上で富士山が見える場所は珍しいが、旧国立競技場が取り壊されたため、富士山を遠望することができるようになった。新国立競技場の建設が今年末に始まるため、「期間限定」の富士山スポットになりそうだ。

 この場所では5日午後5時ごろ、太陽がちょうど富士山頂に沈む。11月5、6日ごろにもダイヤモンド富士を見るチャンスがあるという。写真撮影のため4日、現地を訪れた日本地図センターの田代博・常務理事は「まさに奇跡の空間。眺望を遮らないよう、東京の新名所として残してほしい」と話した。【中西拓司】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]