メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダイヤモンド富士

旧国立競技場取り壊しで「期間限定」

国立競技場の跡地越しに見えたダイヤモンド富士=明治神宮外苑で2016年2月4日午後4時59分、長谷川直亮撮影

 富士山の頂上付近に太陽が沈む「ダイヤモンド富士」が4日、東京都新宿区の明治神宮外苑・聖徳記念絵画館前付近で見られた。高層ビルが林立する都心の路上で富士山が見える場所は珍しいが、旧国立競技場が取り壊されたため、富士山を遠望することができるようになった。新国立競技場の建設が今年末に始まるため、「期間限定」の富士山スポットになりそうだ。

 この場所では5日午後5時ごろ、太陽がちょうど富士山頂に沈む。11月5、6日ごろにもダイヤモンド富士を見るチャンスがあるという。写真撮影のため4日、現地を訪れた日本地図センターの田代博・常務理事は「まさに奇跡の空間。眺望を遮らないよう、東京の新名所として残してほしい」と話した。【中西拓司】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです