メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「むごいのひと言」不定期刑を求刑

 川崎市の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年、上村遼太さん(当時13歳)を仲間2人と共謀し殺害したとして殺人罪などに問われたリーダー格の無職少年(19)=事件当時18歳=の裁判員裁判の論告求刑公判が4日、横浜地裁(近藤宏子裁判長)であった。検察側は「何の落ち度もない無抵抗の上村さんを寄ってたかって暴行し、むごいのひと言に尽きる」と述べ、懲役10年以上15年以下の不定期刑を求刑した。

     弁護側は最終弁論で「(一緒にいた別の少年から)カッターナイフを差し出されるなどの偶然が重なった」などと情状酌量を求め、結審した。判決は10日に言い渡される。

     検察側は上村さんの体にできた数十カ所の切り傷や、真冬の川で泳がせたことに言及し「人間的な感情が全く感じられない」と非難。河川敷で全裸で放置された上村さんが約20メートル移動した草地で死亡した点に触れて「誰かに助けを求め、家に帰ろうとして暗闇で力尽きた」と事件の残忍さを強調した。

     また検察側は「上村さんを逆恨みした動機に酌むべき点はない」としながら、少年が起訴内容を認め反省の弁を述べていることなどから不定期刑を求刑したと説明した。

     一方、弁護側は「暴力以外のトラブル解決の手段を学ぶ機会がなかった」「他者への共感に乏しい」と少年の成育環境の問題点を指摘。その上で事件について「主導したのは間違いないが、カッターナイフを差し出されるなどの偶然が重なって突発的に発生し、少年一人ではなし得なかった。切り傷の多さは恐怖で力が入らなかったからで、強い殺意ではなかった」などと情状酌量を求め、懲役5年以上10年以下が相当と訴えた。

     少年は最終意見陳述で「上村さんの家族から(法廷で)話を聞き、どう答えていいのか分かりません。本当にすみません」と少し頭を下げた。【松浦吉剛、水戸健一、村上尊一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女の気持ち 息子と彼女 名古屋市守山区・種田幸子(主婦・46歳)
    2. タクシー突入 「車の不調聞いていない」…容疑者の家族
    3. タクシー突入 病院に悲鳴響く…「お母さん」泣きすがる子
    4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    5. 記者の目 日露 北方領土問題の焦点=前田洋平(政治部)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]