メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

潮鰹入りうどんと茶漬け 西伊豆の園児に

子供たちに潮鰹の粉末が入ったうどんを振る舞う西伊豆しおかつお研究会のメンバーら=同研究会提供

 静岡県西伊豆町の郷土食・潮鰹(しおかつお)を使った「食育授業」が4日、町立仁科幼稚園・保育園であり、調理法を学んだ後、園児68人に粉末の入ったうどん、茶漬けが振る舞われた。

     潮鰹は2週間ほど塩漬けしてから潮風を当てて陰干しにし、料理に混ぜたり酢の物にしたりして食される。伊豆の漁師町でかつて食卓によく上った縁起物。伝統の継承を目指す地元研究会が授業を企画した。

     減塩ブームで、製造するのは地元3軒だけになったが、この日はカツオの香ばしさで園児の鈴木桜大(おうた)君(6)らも「もっと食べたい」と舌鼓。子供との甘ーい蜜月関係が少し見えてきた。【垂水友里香】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ワイド特集 オンナとオトコの雛祭り “オリ”の中の「番長」清原和博 「毎晩夜泣き」の真相
    2. NewsNavi 真剣交際の“ハーフ美女”と破綻した「清原被告」の自業自得
    3. 清原被告 検察「08年すぎから覚醒剤使用」 初公判
    4. 男児置き去り 依然見つからず 写真を公開 北海道
    5. 清原被告公判 裏腹の小心さ、見え隠れ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]