メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠藤五輪相

秘書が文科職員に電話「私の代わりに」

 遠藤利明五輪担当相は4日、内閣府で記者会見し、外国語指導助手(ALT)の事業拡大に向けて秘書が文部科学省の担当者に電話をかけていたことを認めた。遠藤氏は「私と一緒に仕事をしているので、節目節目で秘書が代わって現況を聞くことは当然あった」と話した。また、派遣会社などとALTについて意見交換をしていたことも明らかにした。

     遠藤氏は毎日新聞の報道を「事実誤認」としながら派遣会社の創業者から2010〜14年に955万円の個人献金を受けたことを認めた。派遣会社からALTなどについて要望を受けたかについては「むしろ私の方からどうやって英語教育を変えられるかいろいろと質問した。派遣会社だけでなく皆さんに聞いている」と述べた。

     16年度予算案に盛り込まれたALTへの補助制度については「文科省に確認したところ、都道府県が直接雇用する人が対象で、派遣会社は対象になっていない」と述べた。

     一方、民主・維新両党は同日、文科省の担当者ら3人から聴取した。総務課長は「新聞記事は事実と異なる」と説明したが、担当者は「1時間くらい(記者に)説明したので、細部までの記憶があいまい」と述べた。【杉本修作、藤田剛】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川
    2. 薬の費用対効果 1年延命、いくら支払うか 厚労省調査へ
    3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
    4. 国民民主 「第1党」困難 希望から最大47人 衆院野党
    5. 立憲民主 枝野代表、民進議員を批判「与党みたいな質問」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]