メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

琴奨菊が稽古再開 2場所連続優勝へ意気込み

綱取りがかかる春場所に向け、稽古を再開した琴奨菊(右)=千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で2016年2月4日午前10時34分、岩壁峻撮影

 大相撲初場所で日本出身力士10年ぶりの幕内優勝を果たした大関・琴奨菊(佐渡ケ嶽部屋)が4日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で、横綱昇進に初挑戦する春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)に向け、稽古(けいこ)を再開した。

     初場所後は各メディアに出演し、妻祐未さんとの披露宴も行うなど、目の回るような忙しさ。この日は四股や、ダンベルなどを使ったトレーニングをこなした後、若い衆を相手に軽めのぶつかり稽古を行った。好結果を出せた時の習慣は崩さずに、稽古を積んでいく必要性を強調し「慌てずにしっかり基礎体力を作っていく」と語った。

     綱取りは2場所連続優勝が前提となり、ハードルは高い。それでも「先代(元横綱・琴桜の前佐渡ケ嶽親方=故人)も自分と同じ32歳で横綱になったので、気持ちを高めていきたい」と力を込めた。【岩壁峻】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. Dr.北村が語る現代思春期 日本人の性器は特別? 包茎こそ自然なのです
    2. プロ野球 DeNAのラミレス監督、日本国籍取得へ
    3. 大雪 転倒で67人が救急搬送 いずれも軽傷
    4. 少額短期保険 人気集める スマホ壊れた/イベント行けない 多様な生活スタイルに対応
    5. 正月特集 関西新時代・2018 2025大阪万博? 吹くか夢呼ぶ風

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]