メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレート境界付近にあり、地下の構造が複雑

台湾周辺のプレート

高層建物の倒壊は「長周期地震動の影響の可能性も」

 6日午前3時57分(日本時間午前4時57分)ごろ、マグニチュード(M)6.4の地震があった台湾南部。台湾は、海側のフィリピン海プレート(岩板)と大陸側のユーラシアプレートがぶつかりあう場所にある。1999年にはM7.7の大地震が中部を震源に発生し、死者が2413人に達する被害が出た。東京大地震研究所の平田直教授(地震学)は「台湾はプレート境界付近にあり、地下の境界の構造が複雑になっている。このため、日本と同じかそれ以上に地震が起きやすい場所だ。今回の規模の地震は過去にも数多く発生している。本震でダメージを受けた建物が倒壊することもあるため、今後も余震に注意すべきだ」と話した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
  2. 五輪調査中間報告 スポーツ界猛反発 長時間の議論、泡に
  3. 受動喫煙 国立がんセンター 異例の反論文
  4. 傷害致死 容疑で15歳逮捕 31歳知人蹴り死なす 大阪・柏原
  5. 東京・吉祥寺 私立保育園が開園断念 近隣住民反対で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]