メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初午大祭に参拝客でにぎわう

毎日稲荷社で行われた初午祭=京都市伏見区で2016年2月6日、礒野健一撮影

 全国のお稲荷(いなり)さんの総本宮、伏見稲荷大社(京都市伏見区)で6日、「福参り」の名で知られる恒例の「初午(はつうま)大祭」があった。奈良時代の711(和銅4)年2月の初午の日に、稲荷大神がこの地へ鎮座したという故事にちなむ祭礼で、稲荷山の杉とシイの枝で作る「青山飾り」が掲げられた境内は、多くの参拝客でにぎわった。

     稲荷山の中腹に1907(明治40)年に建てられた「毎日稲荷社」「広告(ひろつげ)稲荷社」でも初午祭があり、渡会文化・毎日新聞社常務取締役大阪本社代表や田中昇一・京都毎日会会長らが参拝し、玉串を奉納した。【礒野健一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 銀魂 テレビアニメ新シリーズが放送へ
    2. 患者中毒死 夫なぜ殺された 2人目の中毒死判明
    3. 横浜・患者死亡 出勤の男性医師「信じられない」
    4. 特集ワイド 「アンチエイジング」大嫌い! 小泉今日子さんらの発言に共感の輪
    5. 患者中毒死 「点滴に混入物」…横浜市にメール

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]