メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初午大祭に参拝客でにぎわう

毎日稲荷社で行われた初午祭=京都市伏見区で2016年2月6日、礒野健一撮影

 全国のお稲荷(いなり)さんの総本宮、伏見稲荷大社(京都市伏見区)で6日、「福参り」の名で知られる恒例の「初午(はつうま)大祭」があった。奈良時代の711(和銅4)年2月の初午の日に、稲荷大神がこの地へ鎮座したという故事にちなむ祭礼で、稲荷山の杉とシイの枝で作る「青山飾り」が掲げられた境内は、多くの参拝客でにぎわった。

     稲荷山の中腹に1907(明治40)年に建てられた「毎日稲荷社」「広告(ひろつげ)稲荷社」でも初午祭があり、渡会文化・毎日新聞社常務取締役大阪本社代表や田中昇一・京都毎日会会長らが参拝し、玉串を奉納した。【礒野健一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 徳島県警 スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功
    2. 質問なるほドリ 天下りは規制できるの?=回答・鳴海崇
    3. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
    4. 鳥取大雪 沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に
    5. 鳥取大雪 智頭2集落で孤立 岡山は新たに車立ち往生

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]