メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北米で利益減、直近失速…2年連続最高益

トヨタの業績推移

 トヨタ自動車が5日発表した2015年4〜12月期連結決算は、営業利益が2年連続で過去最高を更新し、改めて好調さを示した。ただ直近の第3四半期(10〜12月)は業績を支えてきた北米の利益減や円安効果の消滅などで14年1〜3月期以来、7四半期ぶりの営業減益。愛知製鋼の爆発事故で部品調達が滞り国内車両生産を6日間止める影響や新興国市場の動向も読み切れず、リスクへの目配りが欠かせない状況が続きそうだ。

     都内で5日記者会見した大竹哲也常務役員は「新興国市場の先行きを注視する」と述べ表情を引き締めた。

     15年4〜12月期の世界の連結販売台数(ダイハツ工業、日野自動車を含み中国合弁会社分を除く)は649万台で、前年同期より24万台減少。景気が低迷するタイやインドネシアを含むアジアは11万台減少した。

     北米は3万台増の214万台だったが「鮮度が落ちた車の販売台数を支えるため」(大竹常務)の販売促進費がかさみ、10〜12月期に限れば営業利益は前年同期比15.5%(261億円)減少。全体の営業利益の約2割を稼ぎ、ガソリン安などの追い風が吹く北米にも不安がのぞく。

     愛知製鋼の爆発事故に伴う国内工場の生産停止の影響もはっきりしていない。少なくとも7万〜8万台の生産が遅れる見通しで、これに伴い稼働を停止する部品メーカーなどへの補償も検討している。トヨタは15日の再開後に休日稼働を増やすなどして「影響を最小限にとどめたい」(幹部)考えだ。【竹地広憲、高橋慶浩】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京五輪 桜描いたカラー記念1000円硬貨
    2. 豪華寝台列車 淡いゴールドで夢の旅…「四季島」お披露目
    3. 乳幼児栄養調査 ゆとりない家庭、魚や野菜少なめ
    4. 器物損壊容疑 女性服に火、自衛官逮捕…背後からバーナー
    5. 中年男性 低所得、働き盛り入院増 節約で受診控え悪化 千葉大研究

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]