メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共和、ルビオ氏が急伸

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選に向けた共和党の候補指名争いで、1日のアイオワ州党員集会の後に行われた複数の世論調査の結果が4日、発表された。マルコ・ルビオ上院議員(44)が支持率を伸ばし、党員集会を制した保守強硬派のテッド・クルーズ上院議員(45)と2位の不動産王ドナルド・トランプ氏(69)との「三つどもえ」の構図が浮き上がってきた。

     民間調査会社「パブリック・ポリシー・ポーリング」の調査(2、3日実施)では、全米レベルで支持率首位を走っているトランプ氏の支持率は、昨年12月調査から9ポイント減って25%。一方、クルーズ氏は3ポイント増、ルビオ氏は8ポイント増でともに21%とし、トランプ氏に4ポイント差に迫った。

     一方、CNNテレビなどが第2戦の舞台となる東部ニューハンプシャー州を対象に行った調査(2〜4日実施)では、ルビオ氏は集会直前より7ポイント増の18%で、クルーズ氏をかわして2位に浮上。トランプ氏は集会直前と変わらず29%だった。

     ルビオ氏は同党主流派が推している。党員集会では、事前の世論調査の支持率を大幅に上回る23%の得票率を獲得。多数いる主流派候補の中で頭一つ抜け出したことから、主流派支持層の期待がルビオ氏に集中し始めているとみられる。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載
    2. 特集ワイド 「アンチエイジング」大嫌い! 小泉今日子さんらの発言に共感の輪
    3. 東京都 五輪予算232億円付け替え 担当外の局に
    4. 東海道新幹線 車内に30センチのヘビ 臨時停車し捕獲
    5. 万里の長城 コンクリ?で補修、国内で批判の声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]