メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア正教会総主教とローマ法王会談・和解へ

 【モスクワ真野森作】ロシア正教会は5日、最高位のキリル総主教がフランシスコ・ローマ法王と今月12日にキューバの首都ハバナの空港で会談すると発表した。東方正教会で最大のロシア正教会と、カトリック教会のトップが対面するのは初めて。11世紀に正統性を巡って東西に分裂したキリスト教の両教会は、1000年近くの対立を乗り越え、和解を進めることになる。

 ロシア正教会とローマ法王庁は5日に声明を出し「長い準備をかけた会談は歴史上初となり、双方の関係が重要な段階に至ったことを示すだろう。全ての人にとって希望の兆しとなることを願う」と表明。会談では中東やアフリカで強まるキリスト教徒への迫害対策が主要議題となり、共同宣言に署名する。

 両教会は中東で勢力を広げる過激派組織「イスラム国」(IS)などに対抗するため、連携に踏み切った。プーチン露政権にとっては、シリア領空爆を通じて中東外交を強化する中、両教会が現地のキリスト教徒迫害阻止をアピールすることはプラスとなりそうだ。

 ロシアでは1991年にソ連が崩壊した後、ロシア正教会の影響力が復興。正教会側には旧ソ連諸国でのカトリックの宣教拡大に対する反発が根強く、関係改善は劇的には進まなかった。現在もウクライナで反露姿勢を強めるカトリックの一派、ユニエイト教会の問題が残る。

 カトリックの総本山・バチカンとロシアは2009年に正式な外交関係を樹立。プーチン露大統領は13年11月と昨年6月にローマ法王庁を訪れ、フランシスコ法王と会談しており、今回の対面へのレールを敷いた。

 ローマ法王庁は第二次大戦後、共産主義勢力を封じ込める狙いなどから、東方正教会との和解に取り組み、1964年にはギリシャ正教総主教との会談を実現。今回はロシア国内で推定7500万人の信徒を抱えるロシア正教会との和解にも乗り出した形だ。

 フランシスコ法王は予定されているメキシコ訪問の途上でキューバに立ち寄る。キリル総主教も今月11〜22日に中南米諸国を訪れる予定。会談は2時間程度とされる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷 衆院議長宛て手紙 全文
  2. 相模原殺傷 出頭直前に投稿か ツイッターにほほ笑む写真
  3. 相模原殺傷 容疑者、施設近くに1人暮らし
  4. 相模原殺傷 「殺害」口走る容疑者 注意しても聞き入れず
  5. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]