メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身元特定の81人 漢字の名前と出身地公表

 厚生労働省は5日、終戦後に旧ソ連に抑留されて死亡した人のうち、新たに身元が特定できた81人について、漢字の名前と出身地を公表した。

     死亡した場所はシベリア地域が55人、樺太地域が26人。このうちシベリア地域の31人は厚労省が昨年4月、片仮名で名前を公表した約1万人の中に含まれている。厚労省のホームページ(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/soren/)で閲覧できる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
    2. 善光寺 トップの貫主がセクハラ 信徒が辞任勧告
    3. 放火容疑 「あの家をなくしたい」54歳男逮捕 京都
    4. 漢字問題集 例文に性的表現 「セクハラ」と批判
    5. HIS 「東大美女同行の旅」はセクハラ ネットで批判集中、即日中止

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]