メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身元特定の81人 漢字の名前と出身地公表

 厚生労働省は5日、終戦後に旧ソ連に抑留されて死亡した人のうち、新たに身元が特定できた81人について、漢字の名前と出身地を公表した。

     死亡した場所はシベリア地域が55人、樺太地域が26人。このうちシベリア地域の31人は厚労省が昨年4月、片仮名で名前を公表した約1万人の中に含まれている。厚労省のホームページ(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/soren/)で閲覧できる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. NHK 「貧困女子高生」批判相次ぎ、国会議員も乗り出す
    2. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
    3. 東京五輪 桜描いたカラー記念1000円硬貨
    4. 民進 代表選 蓮舫氏と前原氏 大物対決に
    5. ポケモンGO 運転中にゲーム 国内初の死亡事故 徳島

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]