メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身元特定の81人 漢字の名前と出身地公表

 厚生労働省は5日、終戦後に旧ソ連に抑留されて死亡した人のうち、新たに身元が特定できた81人について、漢字の名前と出身地を公表した。

     死亡した場所はシベリア地域が55人、樺太地域が26人。このうちシベリア地域の31人は厚労省が昨年4月、片仮名で名前を公表した約1万人の中に含まれている。厚労省のホームページ(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/soren/)で閲覧できる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アシアナ航空 副機長2人が乱闘 NY便1時間遅延
    2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    3. 知的障害者 85歳、刑務所で40年 施設が支え「世界一幸せ」 初めて福祉受け定住
    4. タクシー突入 病院に悲鳴響く…「お母さん」泣きすがる子
    5. タクシー突入 「車の不調聞いていない」…容疑者の家族

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]