メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソ連抑留死亡

身元特定の81人 漢字の名前と出身地公表

 厚生労働省は5日、終戦後に旧ソ連に抑留されて死亡した人のうち、新たに身元が特定できた81人について、漢字の名前と出身地を公表した。

     死亡した場所はシベリア地域が55人、樺太地域が26人。このうちシベリア地域の31人は厚労省が昨年4月、片仮名で名前を公表した約1万人の中に含まれている。厚労省のホームページ(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/soren/)で閲覧できる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中華航空 日本人3人機内で騒ぎ、引き返し
    2. 大相撲 春日野広報部長、診断書出さぬ貴乃花親方に苦言「聞いたことない」(スポニチ)
    3. 傷害容疑 元横綱・日馬富士を書類送検 鳥取県警
    4. 牧太郎の大きな声では言えないが… 「横綱の暴行」で稼ぐのは?
    5. 遺跡 小牧山城跡 本丸西側から「虎口」跡? 愛知

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]