メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身元特定の81人 漢字の名前と出身地公表

 厚生労働省は5日、終戦後に旧ソ連に抑留されて死亡した人のうち、新たに身元が特定できた81人について、漢字の名前と出身地を公表した。

     死亡した場所はシベリア地域が55人、樺太地域が26人。このうちシベリア地域の31人は厚労省が昨年4月、片仮名で名前を公表した約1万人の中に含まれている。厚労省のホームページ(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/soren/)で閲覧できる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 12日間限定! スタバ“幻のドリンク”が再登場
    2. 栃木・那須の雪崩 雪の中からうめき声 救助隊「がんばれ」「寝るな」 訓練強行に疑問
    3. 選抜高校野球 大阪桐蔭が勝利 決勝は史上初の大阪対決
    4. 那須雪崩 「あまりに無謀」那須町長
    5. 那須雪崩 「大丈夫だろうと思った」…記者会見・一問一答

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]