メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソ連抑留死亡

身元特定の81人 漢字の名前と出身地公表

 厚生労働省は5日、終戦後に旧ソ連に抑留されて死亡した人のうち、新たに身元が特定できた81人について、漢字の名前と出身地を公表した。

     死亡した場所はシベリア地域が55人、樺太地域が26人。このうちシベリア地域の31人は厚労省が昨年4月、片仮名で名前を公表した約1万人の中に含まれている。厚労省のホームページ(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/soren/)で閲覧できる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
    2. 千葉の路上 男性、背中刺される 通り魔か 容疑者は逃走
    3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/4 「少し変な話」は大事なサイン
    4. 障害者施設 元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」
    5. 仮想通貨 流出ネム580億円、資金洗浄完了か 専門家

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]