メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘイトスピーチ警戒 地元ぴりぴり

 5日開幕した「第67回さっぽろ雪まつり」で、外国人排斥を目的とするデモ行進の開催が懸念されている。2013年以降は毎年、デモ行進や街頭宣伝が行われ、特定の人種や民族、国籍などに対する「ヘイトスピーチ」が問題になった。昨年訪れた観光客235万人のうち、外国人は約12万人。関係者は「札幌市のイメージダウンにつながる」と警戒している。

     過去のデモ行進などには、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の道内関係団体メンバーらが参加し、韓国人などを中傷した。この道内団体幹部は「今回はデモや街頭宣伝の予定はない」と話すが、在特会の別の関連団体がホームページで「2月7日に雪まつりに行こう」などと呼び掛けている。

     人権擁護活動などを行っている皆川洋美弁護士ら市民有志は、「ヘイトスピーチ、許さない」と書かれた法務省作成のポスターを札幌市中心部のホテルなどに配布し、掲示するよう呼び掛けている。皆川弁護士は「雪まつりにはさまざまな国籍、民族の人が訪れる。札幌はヘイトスピーチを許さない街だと伝えたい」と協力を求めている。

     雪まつりの事務局を担当する札幌観光協会は「国際都市、多文化共生を掲げる市のプロモーションに悪影響を及ぼす可能性もある」と話している。【山下智恵、高野玲央奈】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 青森・中2自殺 いじめ訴える遺書の全文
    2. 青森・中1自殺 「いじめがなければ、もっと生きていた」
    3. 日本酒 おっさんに売らない!…若者向け限定酒「J23」
    4. 学校「指導死」シンポジウム 叱責後の自殺、防ぐ道は 全国の遺族ら集う 中区 /広島
    5. 大阪女児焼死 なぜ冤罪見抜けなかったのか 再審無罪判決

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]