メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国邪馬台国連絡協

「高尾山古墳と狗奴国の魅力を知る」 13日、沼津でサミット 基調講演や研究発表大会 /静岡

 全国の古代史愛好家らで作る「全国邪馬台国連絡協議会」(鷲崎弘朋会長)が13日、沼津市内で「第1回狗奴国(くなこく)サミットin沼津〜高尾山古墳と狗奴国の魅力を知る」を開く。狗奴国は、邪馬台国とライバル関係にあったとみられる魏志倭人伝に登場する国。

 サミットは当初、熊本県で開催予定だったが、高尾山古墳(沼津市東熊堂(ひがしくまんどう))の保存問題が全国的問題となったため、沼津での開催となった。

 狗奴国の所在地は不明。邪馬台国九州説に立てば熊本県、畿内説に立てば濃尾平野や関東北部が有力視される…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  2. 日産、ゴーン前会長に損害賠償請求へ
  3. ゴーン前会長 クルーザー「社長号」も私的流用から?
  4. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  5. 注目裁判・話題の会見 ゴーン事件追起訴 東京地検次席会見「反響は想定」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです