メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『ギリシア人の物語1−民主政のはじまり』=塩野七生・著

 (新潮社・3024円)

思い入れある観方が冴える塩野節

 「初心忘るべからず」とは世阿弥の文言。著者は大学の門をくぐったとき西洋古典学の碩学(せきがく)の門下生になったという。ルネサンスものを数多く著した作家が、やがてローマ人を物語り、さらにギリシア人を物語る。それはある意味では宿命ではなかったか、それが偽らざる読後感である。

 ギリシア語を話しギリシアの神々を信仰する人々の土地は痩せて狭いから、小麦の生産高は低かった。そのな…

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1445文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです