メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『ギリシア人の物語1−民主政のはじまり』=塩野七生・著

 (新潮社・3024円)

思い入れある観方が冴える塩野節

 「初心忘るべからず」とは世阿弥の文言。著者は大学の門をくぐったとき西洋古典学の碩学(せきがく)の門下生になったという。ルネサンスものを数多く著した作家が、やがてローマ人を物語り、さらにギリシア人を物語る。それはある意味では宿命ではなかったか、それが偽らざる読後感である。

 ギリシア語を話しギリシアの神々を信仰する人々の土地は痩せて狭いから、小麦の生産高は低かった。そのな…

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1445文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]