メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブータン

ロイヤルベビー誕生 第1子・男児

 【ニューデリー金子淳】ヒマラヤの小国ブータンで5日、ワンチュク国王(35)とペマ王妃(25)の間に第1子で皇太子となる男児が誕生した。ブータン王室によると、母子ともに健康という。ロイヤルベビーの誕生で国内はお祝いムードに包まれている。

 ブータンは国民総幸福量(GNH)の増大を国家理念に掲げていることで知られる。国王夫妻は2011年に国賓として来日し、東日本大震災の被災地・福島県相馬市などを訪れ話題になった。

 ブータン王室によると、王妃は首都ティンプーの王宮で出産。国王も立ち会った。政府は8日を祝日とし、誕生を祝うことを決めた。報道担当者は電話取材に「国民はみんな喜んでいる」と話した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大砂嵐事故 本人は否定 運転は妊娠中の妻と主張
  2. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る
  3. 大雪 23区、積雪の恐れ ピークは帰宅時間帯
  4. 卓球 伊藤、みうみま対決制す 第1ゲーム6連続得点
  5. 大砂嵐事故 角界、止まらぬ不祥事 暴行、セクハラに続き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]