メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロイヤルベビー誕生 第1子・男児

 【ニューデリー金子淳】ヒマラヤの小国ブータンで5日、ワンチュク国王(35)とペマ王妃(25)の間に第1子で皇太子となる男児が誕生した。ブータン王室によると、母子ともに健康という。ロイヤルベビーの誕生で国内はお祝いムードに包まれている。

 ブータンは国民総幸福量(GNH)の増大を国家理念に掲げていることで知られる。国王夫妻は2011年に国賓として来日し、東日本大震災の被災地・福島県相馬市などを訪れ話題になった。

 ブータン王室によると、王妃は首都ティンプーの王宮で出産。国王も立ち会った。政府は8日を祝日とし、誕生を祝うことを決めた。報道担当者は電話取材に「国民はみんな喜んでいる」と話した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  2. 旧優生保護法 知的障害者に不妊手術 開示記録で裏付け
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚
  4. 特集ワイド 加計学園問題 首相は便宜を図った? 「法治」揺るがす「人治」
  5. 津波 バクテリアで軽減へ 高知コア研究所

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]