メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

闇の中に炎の帯 和歌山・新宮

たいまつに火を付ける上がり子たち=和歌山県新宮市の神倉神社で2016年2月6日午後7時48分、久保玲撮影

 約1400年続く勇壮な火祭り「お灯(とう)まつり」が6日夜、和歌山県新宮市の神倉(かみくら)神社(熊野速玉大社摂社)であり、帯のように連なったたいまつの炎が闇の中に浮かび上がった。

 「上がり子」と呼ばれる白装束姿の男たち約2400人は、夕方からご神体のゴトビキ岩周辺に集合。午後8時ごろ、たいまつを手にして山門の開門と同時に538段の石段を駆け下りた。

 国の文化審議会は先月15日、お灯まつりと熊野速玉大社の例大祭を「新宮の速玉祭・御燈(おとう)祭り」として国重要無形民俗文化財に指定するよう答申した。【藤原弘】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 徳島県警 スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功
  2. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
  3. WEB CARTOP 【突然の降雪でも慌てない】雪道を走るときに積んでおきたい装備10選
  4. 鳥取大雪 沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に
  5. WEB CARTOP 「雪道の立ち往生で罰金」報道でスタッドレスにもチェーンが必須という誤解発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]