メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

「賭博・覚醒剤」巨人宿舎で再発防止研修

 昨秋に表面化した元巨人3投手の野球賭博関与問題を受け、日本野球機構(NPB)が12球団を巡回して行う再発防止のための研修が6日、宮崎市の巨人の宿舎で行われ、選手、コーチらが有害行為の禁止などの説明に聴き入った。

     研修では、NPBの井原敦事務局長が野球協約の条文や、1969年に発覚した「黒い霧事件」、昨年の問題の経緯を、新聞記事などを使って説明。同球団OBの清原和博容疑者が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されたことにも触れ、「プロ野球界全体が社会から厳しい目で見られている。現役の間はもちろん、引退してからも社会の模範であり続けなければならない」と訴えた。

     内海哲也投手は「当たり前のことをしっかりしようと改めて思った。厳しい状況ではあるけど、僕たちは精いっぱいのプレーを見せるだけ」と気を引き締めていた。【平本泰章】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
    2. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
    3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    4. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    5. ボクシング 井岡、引退の可能性浮上 背景に父子関係こじれ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]