メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浅野敏雄社長が退任へ くい打ち問題で引責

浅野敏雄社長
小堀秀毅専務(左)

後任には小堀秀毅氏で調整

 旭化成は7日、子会社の「旭化成建材」のくい打ち施工データ不正問題の責任を取って、浅野敏雄社長(63)が退任する人事案を固めた。後任には、経営企画を担当する小堀秀毅・代表取締役専務執行役員(61)が就く方向で調整している。

 浅野氏は2014年4月に社長に就任し、約2年で退任することになる。くい打ち問題で同社のイメージが低下し、主力の住宅事業の受注などに影響が出ており、次期中期経営計画が始まる4月に合わせて経営体制を刷新することにしたとみられる。

 問題は昨年10月、旭化成建材がくい打ちを手掛けた横浜市のマンションが傾いたことで発覚した。その後の調査で、同社の関与した計360件の工事で、別の建物のデータを流用するなどの不正をしていたことが判明。建物には学校や公営団地などの公共施設もあり、社会的な不安が広がった。【種市房子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸山口組 離脱グループが新組織、「任俠団体山口組」で
  2. レゴランド 人気も料金も高く…開業1カ月で見えた課題
  3. 暴力団 金も人もなく節約しかねぇ 組事務所「シェア」増加
  4. 北朝鮮ミサイル 日本の反応に韓国メディア「大げさだ」
  5. 楽天市場 ヒョウ柄好きな都道府県は意外にも青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]