メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高架に無線小型飛行機が墜落 北海道北斗

 7日午後0時10分ごろ、北海道北斗市の北海道新幹線高架上で、同市の60代男性から「無線操縦の小型飛行機を墜落させてしまった」と110番があった。道警函館中央署とJR北海道が確認したところ、3月に開業予定の北海道新幹線新函館北斗−木古内駅間の高架上(北斗市添山)で、バラバラに壊れた飛行機を発見した。同署は操縦していた通報者の男性から事情を聴いている。

     函館中央署によると、小型飛行機は全長60センチ、翼長80センチ、重さ約500グラム。正午過ぎから高架近くの水田で飛ばし始め、風にあおられて落下したという。小型無人機「ドローン」とは異なり、カメラはついていなかったとみられる。

     JRは当時、新幹線の訓練運転を行っており、機体回収のため、訓練を一時中断した。【遠藤修平】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タクシー突入 病院に悲鳴響く…「お母さん」泣きすがる子
    2. アシアナ航空 副機長2人が乱闘 NY便1時間遅延
    3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    4. M-1グランプリ 「銀シャリ」が優勝
    5. タクシー突入 「車の不調聞いていない」…容疑者の家族

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]