メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被保険者10人分、紙で渡す

ハローワーク福岡東に家宅捜索に入る福岡県警の捜査員=福岡市東区で2016年2月7日午前10時23分、吉住遊撮影

課長らが10人分の個人情報、社会保険労務士に

 ハローワーク職員による情報漏えい事件で、福岡県警が国家公務員法(守秘義務)違反容疑で逮捕したハローワーク福岡東雇用保険適用課長、武石博容疑者(59)らが、雇用保険被保険者10人分の個人情報を紙に印字し、社会保険労務士、中嶋浄次郎容疑者(59)=同法違反(唆し)容疑で逮捕=に渡していたことが、捜査関係者への取材で分かった。県警は10人分以外にも個人情報を漏らした疑いがあるとみている。

     県警は7日、福岡市のハローワーク福岡東、福岡西などを家宅捜索した。福岡労働局によると、武石容疑者と、元ハローワーク福岡西期間業務職員、田中美月容疑者(58)=同法(守秘義務)違反容疑で逮捕=は、全国の被保険者約4000万人分の個人情報を閲覧できる権限があった。個人情報には、勤務した事業所の一覧や採用・退職年月日、「自己都合」などの退職理由も含まれていた。

     捜査関係者によると、武石、田中両容疑者は個人情報を印字してハローワーク内で中嶋容疑者に渡したとみられる。【吉住遊】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 横浜・患者死亡 出勤の男性医師「信じられない」
    2. 横浜・入院患者死亡 評判の病院で何が 近隣住民「お年寄り多い」
    3. 患者連続殺人 4階で48人死亡 7月以降、病院「増加」
    4. 患者連続殺人 医療に詳しい人物関与か 痕跡目立たず
    5. 横浜・患者死亡 警察にトラブル相談 横浜市にもメール 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]