メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寝ても覚めても

問題は、いつからか=冨重圭以子

 最近、2軒の居酒屋で立て続けに「待ってましたよ」と言われた。客の少ないニッパチ(2月と8月)だから、というわけではない。店の大将も常連客も口をそろえて「さあ、聞かせてよ。清原のこと」。

 清原和博選手が元選手になって、いまは清原容疑者。何が彼を覚醒剤に走らせたのか、推測でもいいから話して、と求められた。野球に興味のない人でも、清原容疑者の名前と顔は知っている。野球は国民的人気スポーツで、そのころのスーパースターだったのだ、と改めて思った。

 実のところ「なぜ」は、知りたくもない。いくら同情すべき点があろうとも、覚醒剤に手を出す理由にはなら…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです