メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一時史上初めての0%に

長期金利が初めて0%になったことを示すボード=東京都中央区日本橋で2016年2月9日午前11時1分、竹内紀臣撮影

 日本国債などを取引する東京債券市場で9日、長期金利の指標となる10年物国債の市場利回りが一時、史上初めて0%をつけた。日銀が先月29日にマイナス金利の導入を決定し、投資家が少しでも利回りが見込める国債の購入を増やしたため、国債価格が上昇して金利が急低下した。9日の日経平均株価が急落し、比較的安全な資産とされる国債を買う動きも広がり、金利低下に拍車をかけた。

     国債を購入して10年の満期まで保有しても利益の出ない異常事態。長期金利が低下すると、住宅ローンや企業向け融資の金利も下がる傾向があり、家計や企業にプラスに働く面がある。だが、銀行や生命保険会社は顧客から預かった資金を国債などで運用しており、金融機関の収益が悪化して、預金金利などが一段と低下する恐れもある。

     日銀は16日から、金融機関が日銀に預ける当座預金の一部の金利をマイナス0.1%に引き下げる。市場では「金融機関が日銀に預けていた資金を国債購入に回す」との見方が広がり、国債価格の上昇と長期金利の低下が続いていた。長期金利の指標となる新発10年物国債の市場利回りは8日に一時0.02%と史上最低水準に低下し、満期が9年以下の国債の利回りはマイナスとなっていた。

     日本経済が停滞する中、日銀は金利を引き下げて企業の設備投資や消費を活性化し、景気を底上げしたい考え。マイナス金利を受け、新生銀行が今月3日に住宅ローン金利を引き下げるなどの動きが出ている。だが、「金利は既に歴史的な低水準にあり、これ以上下がっても景気刺激効果は限られる」との見方も強い。

     一方、金融機関はこれまで安全資産とされる国債で多額の資金を運用してきたが、長期金利が0%になると、安定的な収益を確保することが難しくなる。

     すでに三菱東京UFJ、みずほ、三井住友の3メガバンクが定期預金金利を、ゆうちょ銀行も定期貯金などの金利を引き下げた。また、資産運用会社が国債などで運用する投資信託「MMF(マネー・マネジメント・ファンド)」の販売停止に踏み切るなどの影響が広がっている。

     長期金利のマイナスはスイスで前例があり、市場関係者からは「日本でも一時的にマイナスになる可能性は否定できない」(SMBC日興証券の竹山聡一金利ストラテジスト)との指摘が出ている。また、「国債価格が上昇しすぎて今後の値動きが不安定になる恐れがある」との懸念もある。【中井正裕、鈴木一也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ミック・ジャガーさん 73歳、8人目の子 母親は29歳
    2. フィギュア 羽生が今季最高でSP首位 GPファイナル
    3. 地震 ソロモン諸島沖でM7.8
    4. 水戸市議会 控室に盗聴器 議長激しい怒り「前代未聞」
    5. フィギュア 初の4連覇へ 羽生がSPで今季世界最高点

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]