メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発射前日に3段目を打ち上げ台に運搬

 【ワシントン和田浩明】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は8日、北朝鮮が打ち上げた事実上の長距離弾道ミサイルの3段目と見られる物体が、北朝鮮北西部東倉里(トンチャンリ)の「西海(ソヘ)衛星発射場」で、発射前日の6日に打ち上げ台に運搬されていたと明らかにした。商業衛星写真の分析で判明した。

     撮影された物体は約9.4メートルで、水平組み立て施設から、トラクターのような車両に乗せられ、3台の他の車両や要員と共に南方に位置する発射台に移動していたという。

     また、北朝鮮の国営テレビが発射当日に放映した画像では、ミサイルより発射塔が相当高く、38ノースは「本来はより大きな打ち上げ機体のために作られたと見られる」と指摘した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. イタリア地震 「来るのが遅くてごめんね」消防士が手紙
    2. 加藤働き方改革相 残業時間の上限規制導入検討
    3. 貧困たたき 新宿で緊急抗議デモ 作家の雨宮処凛さんらも
    4. 台風10号 29日にかけ局地的に非常に激しい雨 東日本
    5. 台風10号 上陸警戒、土のう配布 千葉・市川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]