メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発射前日に3段目を打ち上げ台に運搬

 【ワシントン和田浩明】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は8日、北朝鮮が打ち上げた事実上の長距離弾道ミサイルの3段目と見られる物体が、北朝鮮北西部東倉里(トンチャンリ)の「西海(ソヘ)衛星発射場」で、発射前日の6日に打ち上げ台に運搬されていたと明らかにした。商業衛星写真の分析で判明した。

     撮影された物体は約9.4メートルで、水平組み立て施設から、トラクターのような車両に乗せられ、3台の他の車両や要員と共に南方に位置する発射台に移動していたという。

     また、北朝鮮の国営テレビが発射当日に放映した画像では、ミサイルより発射塔が相当高く、38ノースは「本来はより大きな打ち上げ機体のために作られたと見られる」と指摘した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
    2. 稲田氏辞任 小池都知事「スピード感なかった」
    3. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
    4. 朝鮮学校無償化 「母校が認められた」全面勝訴に大歓声
    5. PKO日報 特別防衛監察の結果・概要

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]