メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道・苫小牧で越冬 純白の翼優雅に

真っ白な羽を広げて優雅に羽ばたくダイサギ=北海道苫小牧市で福島英博撮影

 樽前山に近い北海道苫小牧市錦岡の山林で、体長1メートルほどのダイサギ(サギ科)が越冬しており、時々、純白の翼を広げて優雅に羽ばたいている。

     苫小牧市のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターによると、ダイサギは夏鳥だが、一部は道内にも飛来して越冬する。ウトナイ湖周辺では、昨年12月17日に13羽が確認されて以来、延べ20羽以上が確認されている。同センターは「道内で繁殖の事例はなく、春先に関東以南の繁殖地に渡っているのでは」と話している。

     この時期は、くちばしが黄色だが、繁殖期になると黒く変色するという。【福島英博】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市川由衣 第1子男児を出産 「感動で涙が止まりませんでした」
    2. 東京都 五輪予算232億円付け替え 担当外の局に
    3. 万里の長城 コンクリ?で補修、国内で批判の声
    4. 地震 奄美南部で震度5弱
    5. 東海道新幹線 車内に30センチのヘビ 臨時停車し捕獲

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]