メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダイサギ

北海道・苫小牧で越冬 純白の翼優雅に

真っ白な羽を広げて優雅に羽ばたくダイサギ=北海道苫小牧市で福島英博撮影

 樽前山に近い北海道苫小牧市錦岡の山林で、体長1メートルほどのダイサギ(サギ科)が越冬しており、時々、純白の翼を広げて優雅に羽ばたいている。

     苫小牧市のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターによると、ダイサギは夏鳥だが、一部は道内にも飛来して越冬する。ウトナイ湖周辺では、昨年12月17日に13羽が確認されて以来、延べ20羽以上が確認されている。同センターは「道内で繁殖の事例はなく、春先に関東以南の繁殖地に渡っているのでは」と話している。

     この時期は、くちばしが黄色だが、繁殖期になると黒く変色するという。【福島英博】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS “マイルド化する絵本”への警鐘 過激表現から“逃げない”編集者の想いとは?
    2. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
    3. ストーリー 月給25万9000円の市長(その1) 夕張の「サンタ」の10年
    4. 事故 水路などへの転落相次ぎ死亡5件 福山市が注意喚起
    5. 入浴 冬は「10分以下×40度以下」推奨 実践は2割

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]