メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スノーモンスター「今年は小さめ」

吹雪にさらされて巨大に育った樹氷=山形市の蔵王温泉スキー場で2016年2月8日午前11時8分、藤井達也撮影
吹雪にさらされて巨大に育った樹氷の上を過ぎるゴンドラ=山形市の蔵王温泉スキー場で2016年2月8日正午、藤井達也撮影

 山形市の蔵王温泉スキー場で、「スノーモンスター」と呼ばれる巨大な樹氷が見ごろを迎えている。大きいもので高さ4メートルほどに成長し、訪れた観光客やスキー客らを楽しませている。

 樹氷は地蔵山(標高1736メートル)の山頂付近から中腹にかけて広がる。アオモリトドマツの枝に氷と雪が付着してできるが、暖冬の影響で例年に比べて成長が遅く、8割ほどの大きさという。

 毎年、樹氷の鑑賞で訪れるという茨城県鉾田市の自営業、方波見(かたばみ)将司さん(32)は「今年は小さめだが、毎年形が違うので面白い」と話した。今月28日まで夜間にライトアップされる。【藤井達也】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 熊本地震 不服申し立て6000件超す 罹災証明書巡り
  2. 盲導犬 「汚れる」と乗車拒否 運輸局、タクシー会社処分
  3. 宮藤官九郎 ゆとり世代は脅威 「自分たちには未来がない」
  4. 交通事故 軽乗用車とバイク衝突 4人死亡 群馬・太田
  5. 熊本地震 新耐震基準でも全壊 施工不良など多く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]