メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IS台頭、欧米諸国に苦言「軍事介入で混乱」

 【ローマ福島良典】フランシスコ・ローマ法王は6日、中東の民主化運動「アラブの春」やイラク情勢への対応に関し、軍事介入によって混乱と過激派組織「イスラム国」(IS)の台頭を招いた欧米諸国は自己批判しなければならないと苦言を呈した。8日付イタリア紙コリエレ・デラ・セラが伝えた。

     法王はバチカンでのコリエレ紙幹部との非公式会合で「アラブの春とイラクで何が起きるかは想像できたはずだ」「軍事介入前にはリビアは一つの国だったが、今では50にも分かれている。西側は自己批判しなければならない」と述べた。

     2013年秋に米仏がシリアのアサド政権に対する武力行使の構えを示した際、共に反対したバチカンとロシアには「分析が一致しているところがあった」と振り返り、プーチン露大統領との連携ぶりを明らかにした。

     バチカンは、アサド政権の崩壊によるシリアの「イスラム化」で在住キリスト教徒に対する迫害、弾圧が悪化する事態を懸念。ロシアはアサド大統領を支援しており、両者の思惑は一致している。

     また、法王はキューバで12日に予定されているロシア正教会最高位のキリル総主教との初会談について「2年間の水面下の交渉」の成果と語り、「橋は他者に手を差し伸べ、平和を助ける。人々を分け隔てる壁は崩れ去る運命だ」と東西教会和解の大切さを説いた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 青森・中2自殺 いじめ訴える遺書の全文
    2. 青森・中1自殺 「いじめがなければ、もっと生きていた」
    3. 日本酒 おっさんに売らない!…若者向け限定酒「J23」
    4. 学校「指導死」シンポジウム 叱責後の自殺、防ぐ道は 全国の遺族ら集う 中区 /広島
    5. 大阪女児焼死 なぜ冤罪見抜けなかったのか 再審無罪判決

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]