メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛らしい!ひな壇が人気…埼玉・狭山

ひな壇に並ぶ10匹のテンジクネズミ=海老名富夫撮影

 桃の節句を前に、埼玉県狭山市柏原の智光山公園こども動物園に恒例のテンジクネズミのひな壇が登場し、ネズミたちの愛くるしい仕草がチビっ子たちの人気を呼んでいる。

     南米の野生種を家畜化したテンジクネズミは普段、地上で生活するため、高い場所は大の苦手で仲間同士で寄り添う。同園はこの習性を利用、10匹が三段飾りのひな壇で内裏びなや三人官女、五人ばやしを演じている。

     ひな壇はスタッフが段ボールや木片などを赤色に塗るなどした手作り。担当飼育員の白土俊朗さん(63)は「気難しいオスは展示を避け、体長15センチほどの物静かなメスを主役にしています」と来園を呼びかける。

     愛らしいひな壇は3月3日まで、「ふれあいの時間」(午前10時半と午後1時半から各1時間、午後3時半からは30分間)に展示される。問い合わせは同園(電話04・2953・9779)。【海老名富夫】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 15歳のニュース 成人年齢引き下げ 喜んでいいの?だめなの?
    2. 福岡「伊都国」 2例目の硯 「弥生後期に文字」強まる
    3. 患者連続殺人 4階で48人死亡 7月以降、病院「増加」
    4. 非行少年 「人は変われる」 18歳男性、更生の歩み 中学時代万引き繰り返し補導 /奈良
    5. 余録 「諸王たちの多くはこの町を手に入れようと望んだ…

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]