メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古都を彩る瑠璃色の光

青色や水色などのLEDライトで一面が彩られた「しあわせ回廊なら瑠璃絵」=奈良市で2016年2月8日午後6時38分、川平愛撮影

 奈良市の奈良公園一帯を光で彩る「しあわせ回廊なら瑠璃絵」が8日、始まった。春日大社、興福寺、東大寺の参道などが発光ダイオード(LED)で彩られ、訪れた人々は幻想的な雰囲気を楽しんでいた。14日まで。

     県や奈良市などでつくる実行委が主催して2010年から始まり、今年で7回目。シルクロードを経て奈良に伝わった青い宝石をイメージし、瑠璃色を基調にしたイルミネーションが施される。

     期間中は奈良国立博物館や社寺の夜間特別公開があるほか、奈良公園内では飲食などの模擬店も出る。最終日には午後7時半から花火が打ち上げられる。

     点灯は午後6〜9時。問い合わせは実行委(0742・20・0214)。【日向梓】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    2. 余録 「母の手は赤子となりて介護士の豊かな胸をそっと触りぬ…
    3. くらしナビ・ライフスタイル よい介護施設、見分けるには
    4. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    5. 介護職員 高齢者虐待2014年度300件 35%急増

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]