メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市教委

「ピラミッド」禁止を検討…組み体操事故防止

ピラミッドが崩れ、男子生徒が骨折するなどした大阪府八尾市立大正中学の体育祭=ユーチューブから

 大阪市教育委員会が、市立小中高校の運動会や体育祭で実施している組み体操の「ピラミッド」と「タワー」について、禁止を検討していることが分かった。市教委は組み体操の段数制限を導入しているが、負傷事故が後を絶たず、教育委員から規制強化を求める声が出ているという。9日の会議で議論する。

     組み体操は近年、高さを競う傾向にあり、児童・生徒がけがをする事故が全国で起きている。

     市教委は昨年9月、四つんばいで重なる「ピラミッド」は5段、肩の上に立って円塔をつくる「タワー」は3段を上限とするルールを決定した。その後、市には各地の自治体から問い合わせが相次ぎ、同様の規制を定めた教育委員会もある。ただ、こうした段数制限でも「十分ではない」と指摘する専門家もいる。【大久保昂】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪フィギュア ザギトワ ロシア国旗、国歌なき金メダル
    2. カジノ法案 入場料安すぎ…異論続々 政府が値上げ検討
    3. 平昌五輪2018 カーリング 女子 笑顔と涙、英と3位決定戦 初回の3失点、最後まで響く
    4. 五輪ボブスレー OAR女子選手、ドーピングで失格
    5. 五輪フィギュア 宇野 真央さん導いた道、メダル目指して

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]