メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー協会

1級審判員が飲酒運転で事故

 日本サッカー協会は8日、1級審判員の会社員男性が先月26日、飲酒運転で追突事故を起こし、道交法違反容疑などで逮捕されたと発表した。審判員は信号待ちの車に追突し、相手方の運転手に軽い頸椎(けいつい)捻挫を負わせた。1級審判員はJ1〜J3、日本フットボールリーグ(JFL)で審判を担当できる資格。この審判員はプロ審判ではないがJリーグの試合を担当したことがあるという。今後、活動停止などの処分を下すか検討する。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪カーリング 日本がスウェーデンに逆転勝ち 2位浮上
    2. 五輪ジャンプ 45歳葛西「22年北京もう絶対に出ます」
    3. 南相馬中2女子自殺 「学校は真実話して」 父、無念語る
    4. 南相馬 中2女子が自殺…同級生からのいじめ訴え
    5. いじめ 「被害者も悪い」小中3割 金沢市教委アンケート

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]