メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1級審判員が飲酒運転で事故

 日本サッカー協会は8日、1級審判員の会社員男性が先月26日、飲酒運転で追突事故を起こし、道交法違反容疑などで逮捕されたと発表した。審判員は信号待ちの車に追突し、相手方の運転手に軽い頸椎(けいつい)捻挫を負わせた。1級審判員はJ1〜J3、日本フットボールリーグ(JFL)で審判を担当できる資格。この審判員はプロ審判ではないがJリーグの試合を担当したことがあるという。今後、活動停止などの処分を下すか検討する。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 事故 ダムに車転落、5人死亡…バーベキュー帰り 大阪
    2. 大島優子さん 乗用車で物損事故…けがなし
    3. 交通事故 軽とバイク衝突し炎上、4人死亡 群馬・太田
    4. クローズアップ2016 舛添氏資金問題 疑惑説明は全て先送り 強気の背景に法の不備
    5. 盲導犬 「汚れる」と乗車拒否 運輸局、タクシー会社処分

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]