メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラリンピック

マラソンもあきらめない トラックと両面作戦 別大視覚障害男子2位・和田伸也(38)

別府大分毎日マラソン視覚障害者の部男子2位でフィニッシュし、伴走者と抱き合って喜ぶ和田(左)=津村豊和撮影

 9月のリオデジャネイロ・パラリンピックの視覚障害者マラソン代表の最終選考会を兼ねた7日の別府大分毎日マラソン大会では、男子の和田伸也(38)=日本盲人マラソン協会(JBMA)、大阪府=が2位に入り、パラリンピックの代表推薦順位3位に決まった。全盲の和田にとって弱視の選手とともに走るマラソンよりも、障害のクラス分けが細かいトラック種目の方が有望とされるが、出場可能性がある限りは両種目で調整を続ける。

 別大マラソンでは優勝した岡村正広に大きな差を付けられたものの、40キロ過ぎに昨年の世界選手権5位の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです