メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長期金利マイナス

相場好転材料なく 市場、悲観論拡大 識者の話

地銀に影響大 宿輪(しゅくわ)純一・帝京大教授

 マイナス金利は「ショック療法」だ。先行導入した欧州とは状況も違い、効果の有無には日銀も確信はなかったはず。世界経済のリスクが高まっていたところに米国経済の不安も強まって株価が下落し、長期金利まで一気にマイナスになった。

 これまでマイナス金利を導入した国々でも長期金利がマイナスになったのはスイスくらいで、マイナス金利が1・1%のスウェーデンでも長期金利はプラス。これだけ極端に金利が下がるのは、金融市場が正常に機能しない異常事態といえる。

 国債金利の低下は、地方銀行に深刻な影響を与えそうだ。もともと低金利で貸し出し利ざやを稼ぎにくく、長…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文707文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです