メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さあこれからだ

/123 五つのポイントで生活習慣改善=鎌田實

福島県南相馬市に新しくできた絆診療所で健康の話をする筆者(左)=2015年

 年明けから1カ月が過ぎた今ごろ、内科外来には血糖値が上がった人や、体重が増えた人がちらほら目立つ。正月、おせち料理やお餅をたくさん食べて、家でごろごろしていたツケが現れるのだろう。

 健康は日々の生活習慣の積み重ね。2016年を元気に過ごすためにも、最近の医学研究論文を用いて、次の五つのポイントを提案したい。

この記事は有料記事です。

残り1680文字(全文1835文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです