メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

81歳の軽乗用車逆走、接触や衝突

 9日夜、香川県内を走る高松自動車道の上下線を軽乗用車が約2時間逆走し、別の乗用車に接触したほか、避けようと停車した乗用車にトラックが衝突する事故を引き起こした。県警高速隊は、下り線を逆走していた同県さぬき市の男性(81)の軽乗用車を発見。男性にけがはなかった。上下線を区切るポールを乗り越えてUターンし、逆走を続けた可能性があるとみて男性から事情を聴いている。

     県警高速隊によると、さぬき市の高松道上り線で同日午後9時半ごろ、高松から徳島方面に走っていた乗用車の女性(44)=徳島県松茂町=が逆走している車を発見。停車したところに後続の大型トラックが衝突した。女性が両足を打撲、トラックの男性(39)=香川県東かがわ市=にけがはなかった。約50分後の同10時15分ごろ、約37キロ西の同県丸亀市の下り線で、愛媛県四国中央市の男性(36)運転の乗用車が逆走車と接触。さらに同11時40分ごろ、約30キロ南西の香川県観音寺市の下り線で、県警高速隊が逆走する軽乗用車を発見し、停車させた。

     同県警によると、さぬき市の事故現場は片側1車線。中央のポールで上下線を区切られているという。男性は免許はあるが、普段は運転していないという。

     男性は「どこから乗って、どこに行こうとしたか説明できない」と述べているという。【山中尚登】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
    2. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
    3. 埼玉河川敷遺体 LINEに「暴行加え、死亡後に埋めた」
    4. ポケモンGO 運転中にゲーム 国内初の死亡事故 徳島
    5. 埼玉・16歳遺体 殺害か、出頭少年を聴取

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]