メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都府警、全国初の導入へ

 京都府警は今年10月から、過去の犯罪発生傾向を科学的に分析し、窃盗や性犯罪が発生する時間帯や場所をコンピューターで予測する「予測型犯罪防御システム」を都道府県警で初めて導入する。府警本部と府内各署で、犯人の早期検挙や防犯活動に役立てる。

     新システムは、過去10年間の統計や犯罪理論を組み合わせて分析し、新たな事件が起きる可能性の高い地域、時間帯などをコンピューターで予測する。ひったくりや車上狙いなどの窃盗犯、強制わいせつ、公然わいせつなどの性犯罪は連続して発生する傾向があり、府警はこれまで捜査員が犯罪データや発生場所を地図にまとめるなどして分析、予測してきた。

     昨年、京都府内で発生した車上狙いは1480件(前年比19.7%減)▽ひったくりは113件(同46.4%減)▽強制わいせつは169件(同15.9%減)。府内の刑法犯認知件数は減少傾向だが、身近な「街頭犯罪」を減らして体感治安を高めようと、府警が民間企業と開発を進めてきた。2015年からの開発費などは計約6500万円。

     同様の犯罪予測システムは米国などで運用が進んでおり、府警は昨年3月、米ロサンゼルス市警などを視察した。府警刑事企画課は「科学的な分析を犯罪抑止に役立てたい」と話している。【宮川佐知子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市川由衣 第1子男児を出産 「感動で涙が止まりませんでした」
    2. 東京都 五輪予算232億円付け替え 担当外の局に
    3. 万里の長城 コンクリ?で補修、国内で批判の声
    4. 地震 奄美南部で震度5弱
    5. 東海道新幹線 車内に30センチのヘビ 臨時停車し捕獲

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]