メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「言葉足らず」と陳謝 被ばく線量めぐり

官邸入りする丸川珠代環境相=首相官邸で2016年2月9日午前8時2分、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染などで、国が長期目標とする年間追加被ばく線量の1ミリシーベルトについて、丸川珠代環境相が「何の科学的根拠もなく時の環境大臣が決めた」と発言したと信濃毎日新聞が報じたことを受け、丸川氏は9日の閣議後記者会見で「そういう言い回しを使ったか記憶にない。伝えようとした趣旨が伝わらず、言葉足らずで申し訳ない」と陳謝した。

     丸川氏は7日、長野県松本市内の自民党参院議員の会合で講演。同紙によると「『反放射能派』と言うと変ですが、どれだけ下げても心配だという人は世の中にいる。そういう人たちが騒いだ中で、何の科学的根拠もなく時の環境大臣が決めた」と述べ、環境相だった民主党の細野豪志政調会長を批判したという。丸川氏は9日の会見で「自分の曖昧な記憶を頼りにしか話せず申し訳ない」「言葉足らずだった。今後とも1ミリシーベルトが長期的な目標だ」と釈明した。

     「1ミリシーベルト」をめぐっては、当時の民主党政権が国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告に基づき、自然放射線などを除いた一般的な人の長期目標として定めた。一方、政府与党内には1ミリシーベルトが「安全基準」とみなされた結果、住民の帰還を妨げる一因になっているとの見方がくすぶっており、丸川氏も7日の講演で「(除染などで線量がその水準まで下がらないため)帰れるはずの所にいまだに帰れない人がいる」と述べたという。【渡辺諒】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 私立小中 授業料支援へ 年収590万円未満の世帯
    2. キリン 「氷結」発売中止 原料果汁に問題
    3. プロ野球 広島、CS進出決定 DeNA連勝3でストップ
    4. 新潟・泉田知事 出馬撤回 柏崎刈羽原発、再稼働に影響
    5. 体感治安 大阪最下位 警察庁が初調査、警察信頼度に比例

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]