メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本人

3万年前、祖先はどうやって海を…航海を再現へ

チームは昨年10月、沖縄・与那国島で草舟を試作。実際に乗って浮き具合などを確かめた=国立科学博物館提供
国立科学博物館が再現を目指す航路

国立科学博物館 渡来ルート確認のプロジェクト開始

 3万年前、日本人の祖先はどうやって海を渡ることができたのか−−。国立科学博物館は9日、大陸から琉球列島への航海を再現して、科学的に渡来ルートを確かめるプロジェクトを開始すると発表した。代表の海部陽介・人類史研究グループ長は「失敗など途中経過も公開して、多くの人と謎解き体験を共有したい」と話す。

     海部さんによると、アフリカ起源のホモ・サピエンス(新人)が日本にやってきた経路は、朝鮮半島から対馬を経由して九州北部へ▽大陸と陸続きだった台湾から琉球列島を北上▽サハリンと陸続きだった北海道から南下−−の3ルートと考えられている。特に琉球列島への航海は、流れの強い黒潮を横切る必要があり、最も難しかったとみられる。

     プロジェクトチームには人類学、考古学に加え、植物学などの専門家や、探検家ら26人が参加。人口を維持するのに必要な移住者数を試算し、舟の大きさなどを検討。沖縄の遺跡からおのが出土していないため、自生する植物を編んで古代舟を復元し、チームの船が伴走して安全を確保しながら、当時の航海を再現する。

     チームは今年7月、沖縄・与那国島−西表島間(約75キロ)で実験し、来年7月に台湾から日本最西端の沖縄・与那国島まで200キロ以上の航海に挑む。プロジェクトの経過は、11月から同館で開催されるラスコー洞窟壁画展(毎日新聞社など主催)でも紹介される予定。

     総費用約5000万円は民間など外部から調達。第1弾として今年の航海にかかる約2000万円を目標にインターネットを通じた「クラウドファンディング」を活用して広く出資を募る。募集期間は4月12日まで。プロジェクトや出資の詳細はホームページ(http://readyfor.jp/projects/koukai)。【大場あい】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
    2. 有楽製菓 「柿の種サンダー」復活!6月4日発売
    3. 神奈川・茅ケ崎 はねられたのは4人 90歳運転の事故
    4. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
    5. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]