メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾地震

建設業者3人拘束 雑居ビル倒壊、過失致死容疑

台南市の頼清徳市長(左)がビルの模型を示しながら捜索の方針を説明するのを聞く行方不明者の家族ら=台湾南部・台南市で2016年2月9日、林哲平撮影

 【台南(台湾南部)鈴木玲子、林哲平】台湾の検察当局は9日、南部で6日に起きた地震で倒壊した台南市永康区の16階建て雑居ビルを建設した会社の元社長ら3人を業務上過失致死の疑いで8日夜に拘束したと発表した。ビルの倒壊現場では生き埋めになった人の生存率が著しく下がるとされる「発生後72時間」が過ぎ、行方不明者の家族らが焦りやいらだちを募らせている。

 検察当局は、倒壊現場で得た証拠や土木技師の鑑定により、ビルの建築資材を減らすなど建設工程に問題があ…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです