メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

労働条件を明記を…ブラック企業対策団体要請

弁護士やNPOなど 厚労省や経団連などに

 弁護士やNPOなどで作る「ブラック企業対策プロジェクト」は9日、企業の求人情報に固定残業代などの労働条件を正確に記載させるよう厚生労働省や経団連などに要請した。平均勤続年数など職場情報の提供を求める若者雇用促進法が昨年成立したが、法の趣旨や内容の周知が十分でないため要請した。

     例えば基本給20万円に固定残業代7万円が含まれていると、実際の基本給は13万円に過ぎないのに、求人募集の際にこれを隠しているケースがある。プロジェクトは「基本給を高く見せるだましの手法」と批判、同法の指針に基き、求人票に固定残業代の額や時間、基本給を明確に記載することを求めた。

     また、日本労働弁護団などは25日午後3時から午後9時まで、固定残業代など求人関連のトラブルの無料電話相談(03・3251・5363)を実施する。【東海林智】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特集ワイド あの前都知事と大違い、惜しまれ引退クリーン村長 本州で人口最少、信号機もない和歌山県北山村
    2. 都知事選 竹花元副知事が出馬検討…自民都連へ意向伝える
    3. 路上喫煙 新型たばこは対象? 自治体で対応割れる
    4. 不正アクセス容疑 17歳、成績管理システムに侵入
    5. 藤野・共産政策委員長 「人殺す予算」と発言、取り消す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]