メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療法人理事長に実刑判決

 診療報酬の架空請求などで約3900万円を詐取したなどとして、詐欺罪などに問われた奈良市の医療法人「光優会」理事長で精神科医の松山光晴被告(55)=同市南登美ケ丘=に、奈良地裁は9日、懲役3年6月(求刑・懲役5年)を言い渡した。柴田厚司裁判長は「医師が巧妙な手口で行ったもので、(目的も)投資費用の回収などで利欲的」と述べた。松山被告側は控訴する方針。

     判決によると、妻や法人事務局長と共謀し、2010〜13年、経営する療養所で患者らを診療したように装い、奈良市などから診療報酬計約3160万円を詐取。障害福祉サービス事業所でも自立訓練をしたように装い、訓練給付費計約750万円をだまし取った。【塩路佳子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. プロ野球 日本ハムが優勝…4年ぶり7度目 パ・リーグ
    2. 男性遺体 頭部などない遺体発見 千葉・銚子漁港
    3. 乳児遺体 女の映像を初公開 福岡県警
    4. 米大統領選 トランプ氏、誇張や誤り…メディア即座に指摘
    5. 強制わいせつ 「主要な行為」22歳東大生に懲役2年求刑

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]